スマートフォンサイトを表示する
 

診療方針

アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎(かぶれ)

アトピー性皮膚炎

 アトピー性皮膚炎は、喘息やアレルギー性鼻炎と並び、代表的なアレルギー疾患の一つとして位置づけられています。しかし、アトピー性皮膚炎の原因は単純ではなく、その病態をアレルギー(免疫の過剰反応)だけで説明することはできません。皮膚のバリア機能の障害、遺伝的素因、心理学的要因などが複雑に絡み合っていると考えられています。


 当院では、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎の治療ガイドライン」に沿った標準的な治療を行っています。ステロイド(副腎皮質ホルモン)外用剤についても積極的に使用しています。ステロイドとは異なる免疫抑制外用剤(プロトピック軟膏)についても使用部位や使用法に注意しながら積極的に使用しています。ステロイド外用剤や免疫抑制外用剤は、その副作用の点から使用すべきでないとする意見があることは承知しています。確かにこれらは理想的な薬剤ではないかもしれません。しかし、アトピー性皮膚炎の原因療法が存在しない以上、アトピー性皮膚炎の治療のゴールは完全に治すこと(キュア)ではなくよい状態を維持すること(コントロール)にならざるを得ませんし、皮膚の炎症を抑えるための有効な手段が他にないことを考えますと、これらの抗炎症外用剤を有効に活用していくことが現実的な正しい選択であろうと考えています。もちろんこれらの外用剤だけでコントロール可能という意味ではありません。保湿剤によるスキンケア、生活習慣の改善など、多方面からのアプローチが必要であることは言うまでもありません。


 当院では、特異IgE抗体価の検査(RAST)を含むアレルギー検査(血液検査)を行って治療の参考としています。食物アレルギーの関与が強く疑われる症例では、症状の程度により適切な食物制限を行うこともあります。(これらの検査を行うことにより、その方のアトピー性皮膚炎の原因が明らかになるということではありません。治療の参考になるという程度です。とくにRASTの結果の評価は難しく、症状とは無関係の場合もありますので、RASTの結果だけで安易な食物制限に走ることのないように注意する必要があります。)

接触皮膚炎(かぶれ)

 接触皮膚炎もアレルギー疾患の一つです。ウルシやイチョウなどの植物、ニッケルやコバルトなどの金属、化粧品に含まれる香料や防腐剤など、様々な物質が原因となります。原因物質を特定するにはパッチテストという検査が必要です。当院でも積極的にパッチテストを行い、原因の特定に努めています。

ご予約について

皆様の待ち時間をできるだけ短くするため、当院では診察のご予約を承っております。
当日のご予約も可能ですし、初めての方でもご予約が可能です。

ご予約がない方も診察させていただきますが、ご予約のある方が優先となりますので
待ち時間が多少長くなります。どうぞご了承ください。

電話でのご予約TEL:0250-21-0800

待ち時間をできるだけ短くするため、
診察のご予約をおすすめいたします。

Web予約専用サイトご予約はこちらをクリック

パソコンや携帯電話からのご予約も可能です。

診療カレンダー

2017年 7月

 

 

 

 

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

 

 

 

 

2017年 8月

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

 

・・・休診日

・・・午後休診

 

Link