スマートフォンサイトを表示する
 

診療方針

尋常性白斑、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症

尋常性白斑

 尋常性白斑は肌の色が部分的にくっきりと白く抜ける病気です。自己免疫の異常によると考えられていますが、原因はよくわかっていません。痛みやかゆみを伴う病気ではありませんが、顔や手などに生じた場合は見た目がかなり気になると思います。ステロイド外用剤などで改善する場合もありますが、治療の難しい病気の一つです。


 当院では、ナローバンドUVB(狭域中波長紫外線)照射療法を行っています。週に1〜2回、患部に数分間、特殊な紫外線を照射するもので、これまでの治療に比べてより大きな効果が期待できます。


 また、VTRACヴィトラックというエキシマランプを導入し、ターゲット型療法といわれる最新の紫外線療法(エキシマライト療法)を行っています。エキシマランプは従来の紫外線照射装置に比べて180倍の強度の光を照射することが可能となり、しかもスポットサイズ(照射面積)が6.1×3.1cmと小さいので健常部位への照射を最小限に抑えることができます。ナローバンドUVB療法で効果が現れない症例にも効果が期待できます。


 いずれの治療も健康保険が適用されます。

尋常性乾癬

 尋常性乾癬は、全身に白いカサカサ(落屑)を伴った境界明瞭な厚みのある赤い発疹(紅斑)を生じる病気です。表皮の角化異常がその病態ですが、免疫異常や遺伝的素因もあると考えられており、その原因はまだ明らかになっていません。これも治りにくい病気の一つです。


 当院では適切な外用治療を行うとともに、ナローバンドUVB(狭域中波長紫外線)照射療法を行っています。週に1〜2回、患部に数分間、特殊な紫外線を照射するもので、これまでの治療に比べてより大きな効果が期待できます。


 また、VTRAC(ヴィトラック)というエキシマランプを導入し、ターゲット型療法といわれる最新の紫外線療法(エキシマライト療法)を行っています。エキシマランプは従来の紫外線照射装置に比べて180倍の強度の光を照射することが可能となり、しかもスポットサイズ(照射面積)が6.1×3.1cmと小さいので健常部位への照射を最小限に抑えることができます。ナローバンドUVB療法と組み合わせていくことでより良い結果が得られます。


 いずれの治療も健康保険が適用されます。

掌蹠膿疱症

 掌蹠膿疱症は、手のひらや足の裏に膿をもった水ぶくれ(膿疱)を生じ、次第に皮が剥けてカサカサになる病気で、治りにくい皮膚疾患の一つです。原因はよくわかっていませんが、扁桃炎、歯周病などの病巣感染や歯科金属アレルギーなどが病因に関与していると考えられています。当院では外用治療を行いながら原因検索に努め、必要と判断したら耳鼻咽喉科や歯科などの適切な医療機関をご紹介しています。(一時マスコミで取り上げられた「ビオチン療法」は当院では行っておりません。)


 ナローバンドUVB療法やターゲット型療法(エキシマライト療法)などの光線治療も有効です。週に1〜2回、患部に特殊な紫外線を照射するもので、健康保険も適用されます。

ご予約について

皆様の待ち時間をできるだけ短くするため、当院では診察のご予約を承っております。
当日のご予約も可能ですし、初めての方でもご予約が可能です。

ご予約がない方も診察させていただきますが、ご予約のある方が優先となりますので
待ち時間が多少長くなります。どうぞご了承ください。

電話でのご予約TEL:0250-21-0800

待ち時間をできるだけ短くするため、
診察のご予約をおすすめいたします。

Web予約専用サイトご予約はこちらをクリック

パソコンや携帯電話からのご予約も可能です。

診療カレンダー

2017年 9月

 

 

 

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

2017年 10月

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

 

 

 

・・・休診日

・・・午後休診

 

Link