スマートフォンサイトを表示する
 

診療手技

ナローバンドUVB療法

ナローバンドUVB療法

 短波長紫外線(UVB)の照射は古くから尋常性白斑尋常性乾癬などの疾患に行われてきましたが、治療効果は満足できるものではありませんでした。近年、これまでのブロードバンド(広波長域)UVBに代わり、311nmにピークを持つナローバンド(狭波長域)UVBの照射が行われるようになり、尋常性白斑や尋常性乾癬の治療に大きな成果をあげています。それ以外の疾患にも有効であることが次第に明らかになってきており、最近ではアトピー性皮膚炎にも健康保険が適用されています。


 尋常性白斑の場合、週2〜3回、少なくとも週1回は照射を行う必要があり、効果が現れるまでには数ヵ月を要します。健康保険が適用されますので費用はそれほど高額にはなりませんが、治療が長期になりますので遠方の方は通院に要する費用が問題となります。


 顔面の白斑で完治した例もありますが、手の白斑で全く効果のなかった例もあり、部位によって治療効果に差があります。白斑が全身の広い範囲に認められる場合には、完治する可能性は低いと考えられますが、根気よく治療を行えばある程度の効果が期待できます。


 紫外線を照射するわけですから発癌性が心配されるところですが、現在のところ通常の照射によって皮膚癌の発生率が明らかに増大するという報告は見当たりません


 紫外線の感受性には個人差があります。過剰な照射を防ぐために、当院ではできるだけMED(最小紅斑量)を測定し、紫外線に対する感受性を確認してから治療を行うようにしています。

ナローバンドUVB療法

エキシマライト療法

 エキシマライトはキセノンを光源とする波長が308±2nmの紫外線です。ナローバンドUVBと同様に尋常性白斑尋常性乾癬など多くの皮膚疾患に有効で、すでに健康保険も適用されています。当院ではVTRAC(ヴィトラック)というエキシマランプを導入して治療を行っています。


 エキシマランプは従来の装置に比べて180倍の強度の光を照射することが可能となり、しかもスポットサイズ(照射面積)が6.1×3.1cmと小さいので健常部位への照射を最小限に抑えることができます。このような治療法を「ターゲット型療法」といい、尋常性白斑や尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、円形脱毛症などの皮膚疾患に有効です。従来のナローバンドUVB療法と組み合わせていくことでより良い結果が得られます。

エキシマライト療法 エキシマライト療法 エキシマライト療法

ご予約について

皆様の待ち時間をできるだけ短くするため、当院では診察のご予約を承っております。
当日のご予約も可能ですし、初めての方でもご予約が可能です。

ご予約がない方も診察させていただきますが、ご予約のある方が優先となりますので
待ち時間が多少長くなります。どうぞご了承ください。

電話でのご予約TEL:0250-21-0800

待ち時間をできるだけ短くするため、
診察のご予約をおすすめいたします。

Web予約専用サイトご予約はこちらをクリック

パソコンや携帯電話からのご予約も可能です。

診療カレンダー

2017年 5月

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

 

 

2017年 6月

 

 

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

 

・・・休診日

・・・午後休診

 

Link